坐骨神経痛の原因と対処法

 

那覇市で坐骨神経痛のツライ症状でお悩みの方は

ONEDROPにお任せ下さい

 

 

坐骨神経痛は難しい症状ではない

 

腰から足にかけての痛みとしびれが治らない。

 

何をするにも痛みとしびれが気になってしまい、仕事や日常生活にも支障が出てきた…

 

そんな症状でお悩みではないですか?

 

病院では『坐骨神経痛』『ヘルニア』と診断を受け、薬と湿布でしのいでいるが症状が良くならず不安を抱えている方がたくさんおられます。

 

坐骨神経痛の原因はほとんどが不明とされ、神経圧迫説ですら信憑性を欠きます。

 

多くの方々は何が原因で坐骨神経痛になったのかが分からず、解決の糸口を見つけられずにいます。

 

しかし、わたしの坐骨神経痛に対する考え方は全く異なっていて、そんなに難しい症状だとは思いません。

 

なぜかと言いますと、坐骨神経痛とはただの身体の反応であって、何か上手く行かない問題を知らせてくれているだけだからです。

 

もちろんツライ症状であることは確かですが、その症状に惑わされて神経の走行や、背骨、骨盤の配列のみに意識がいくことは本当の原因から遠ざかることになるでしょう。

 

なぜ神経や血管の炎症が起こる必要があったのかを考えた時にはじめて答えが見えてきます。

 

そして、その答えを知るのは自身の身体のみです。

 

一般的に言われている事はすべて他の誰かのことであり、あなたの坐骨神経痛の原因とは関係がないということになります。

 

ですからあなたの身体の反応を元に、あなたに合った方法でしか坐骨神経痛を解消する方法はないのです。

 

わたしが坐骨神経痛を難しく感じないのは、その答えを身体から聴くための方法を学んで実践しているからにほかなりません。

 

もし、あなたが色々と試したにもかかわらず坐骨神経痛が良くならないのであればONEDROPにご相談下さい。

 

あなたに必要な方法がきっと見つかるはずです。

 

坐骨神経痛についてもっと知りたいという方は続きをご覧下さい。

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰椎と仙骨から足にかけて走行する神経(坐骨神経)が何らかの原因によって圧迫されすことで痛みやしびれが起こることを指します。

 

多くの場合、腰痛に続いて発症し足のシビレや感覚麻痺、筋力低下を起こします。

 

坐骨神経痛の原因とは

一般的には、『腰椎椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄症』によって神経が圧迫されることで起こると言われています。

 

それ以外では、お尻の筋肉(梨状筋)の緊張によって起こる『梨状筋症候群』が原因とされています。

 

しかし、レントゲンやMRI等の画像診断では異常がみられないが坐骨神経痛の症状のある人も居ますし、お尻の筋肉が柔らかいのにシビレや痛みを訴える人も居ます。

 

痛みやシビレは神経が炎症を起こした時に起こる症状です。

 

神経が圧迫され場合、通常でしたら麻痺が起こります。

 

痛みやシビレは麻痺とは逆の症状ですから、圧迫が直接痛みやシビレの原因になるとは考えにくいはずなのです。

 

でも坐骨神経痛の原因がヘルニアや狭窄症と言われ続けているのです。

 

おかしいですよね?

 

痛みや痺れとは神経が炎症を起こった際の症状であって、圧迫で起こる症状ではないのです。

 

坐骨神経の炎症こそが痛みやシビレの原因なのです。

 

坐骨神経痛の治し方とは?

 

真っ先に取り組むべきは炎症を抑えることです。

 

ここで問題となるのは、炎症を起こさせる原因は無数にあると言うことです。

 

  • 心理ストレス
  • 過剰な運動
  • 誤った姿勢
  • 身体の歪み
  • 副腎疲労
  • 消化管機能低下
  • 腎臓機能低下
  • 食生活

 

など挙げればいくらでも出てきます。

 

先ずは、あなたにとって最も優先的に解消すべき問題を見つけ出し、そこから取り掛かることをオススメします。

 

身体の歪みを矯正した方がいいのか?

 

心理的ストレスの解消を優先した方がいいのか?

 

解毒をした方がいいのか?

 

を調べあなたに適した方法を選択することが坐骨神経痛の解消法になります。

 

ストレス→フリーラジカル→炎症

 

のサイクルを断つことと

 

副腎→コルチゾール→抗炎症

 

が速やかに行われるようにすることが炎症を抑える秘訣です。

 

身体的には動脈と静脈の循環、自律神経、脳から脊髄、坐骨神経の動き、消化管の癒着は施術がなされている必要はあります。

 

慢性化して施術の反応が良くない場合はどうするのか?

 

この場合は脳が痛みを学習してしまっているので、脳を再学習する必要があります。

 

長い間が痛みを感じ続けていたために脳の痛みを感じる知覚領域が拡大してしまっています。

 

これと反対に、集中や意図したりする部分は小さくなっています。

 

ですから、痛みを感じにくい脳活動を積極的に行い知覚領域を縮小させなければなりません。

 

運動や趣味に没頭したり、歌を歌ったりと自分が楽しくて無心になれるようなことを積極的に取り入れることは大きな助けとなることでしょう。

 

とはいえ何もする気が起きないと言うような人も中にはいらっしゃります。

 

そのような方は一人で悩まずに他人の助けを借りることから始めてみては如何でしょうか?

 

そのために私たちのような代替療法家がいるのですから。

 

ボディーワークやカウンセリングを通して痛みの軽減、思考パターンを変化させ自発的な状態まで一緒に引き上げます。

 

慢性症状だって自ら作り出したものですから、自ら解消することだって出来るってことを知ってくださいね。

 

代替療法では難しい坐骨神経痛もある

 

MRIの画像で水分がなくなったしまているような重度な変形やヘルニアは代替療法の限界を超えている場合もあります。

 

全く反応しないわけではありませんがかなりの期間続けて施術を繰り返す必要はあります。

 

また腫瘍による場合は適応外となります。

 

当院で坐骨神経痛の辛い症状を解消しませんか?

 

 

実際のところ坐骨神経痛は日々の積み重ねで起こっています。

 

急に椎間板が損傷したり、脊椎が変形するようなことは事故以外ではあり得ませんよね?

 

だから今までの習慣を変えていけば時間はかかっても身体は変化して行くんです。

 

結局のところ誰かが治してくれるのではなく、自分自身で治って行くものなのです。

 

その治る力が最大限働ける環境を作るお手伝いが私の役割です。

 

一人では元に戻れないから誰かが力を貸す。

 

一人で出来るようになったら後は本人に任せる。

 

施術とは、こうやって二人三脚で行なうから上手く行くんです。

 

あなたが一人で治れるように全力でサポートします。

ONE DROP

院長 田神 周一郎

 

Copyright© ONE DROP整骨院 , 2017 All Rights Reserved.