2017/10/02

ワクチン服反応の出る人と出ない人

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

最近寒くなりましたね。毎年この時期になると流行りはじめるのがインフルエンザですが、予防接種を肯定派、否定派と意見は割れるようです。

私個人としてはワクチンは打ちません!

理由は風邪でもひかない限りゆっくり出来ないので、休むためにウィルスを利用出来ればと思っております(笑)

ワクチンが効かないというデータは沢山ありますし、弱毒化したウィルスたけでは抗体は産制されないのでアジュバンド(水銀、スクワレン等)が添加されいます。

 

前橋レポート

http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

 

てんこ盛りの毒素をわざわざ体内に入れなくても生活環境には毒だらけなのでいいかな?なんて考えてもいます!

最近の臨床で予防接種に関連した興味深い経験をしたのでシェアしたいと思います。

夫婦で定期的にケアされてる方がインフルエンザの予防接種を受けたあと来院され、今までの状態と接種後を比べる事ができました。

結果は、旦那さんは殆ど影響がなく、奥様は大打撃を受けていました!

同じワクチンを同じ時期に同じ量を接種してもこれだけの違いが出るという事です。

二人の違いは、奥様は神経系の修復、リハビリに免疫を使っていて優先的にワクチンに対処する必要が出たため他がおろそかになったの対して、旦那さんは比較的健康であったためしっかりと免疫がリカバリー出来たように感じられました。

自然療法としてハーブやサプリメントを使用して解毒する方法もありますが、体内に入ってから対処するより体内に入れないほうが良いにきまってますからね!

環境や周りの理解によっては接種しなければならない事もあるかと思います。

その際は、いかに元気な状態で接種出来るかが大切です。

私の師事しているアメリカの先生は、どうしても接種するなら第3脳室(免疫中枢)がしっかり拡張出来る状態で受けなさいとおっしゃっていました。

これから接種をお考えのかたもなるべく万全な状態で受けてくざさいね!

 

那覇市首里 Onedrop 整骨院

http://www.onedrop-naha.com

Tel  http://098-953-6872

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2015 All Rights Reserved.