2017/10/02

STEP3-9 心と身体はつながっている

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

STEP3-9 心と身体はつながっている

 

実際の臨床では、心の問題が身体に影響している場合もあれば、身体の歪みが心に影響している場合もあります。

 

どちらがというよりは、一つのものとして捉える必要があるとおもいます。

 

それもそのはず、人間とは肉のかたまりではないのですから。

 

身体活動と思考は常に同時進行で、別々に機能しているわけではありません。

 

皆さんにも試してもらいたいのですが、

 

1.前屈をしてもらい指先と床の距離を測ってみて下さい。

 

2.次に、人生で一番楽しかったことを思い出して、そのことを考えながら前屈してみて下さい。

 

このときに指先と床の距離が変化した人は何らかの心理ストレスが身体に影響していることが疑われます。

 

このように思考や想念は身体に影響を与えます。

 

関節の歪みが心理面から来ているなら、術者は関節のバランスをとっているときに寂しい感じや、悲しいといった感覚を受けます。

 

関節の問題が修正されると同時に心理的にも楽になるということはよくあることです。

 

ですから、心とからだを別々に扱うようなことはあってはならないはずなのです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2017 All Rights Reserved.