2017/10/02

STEP3-10 施術を左右する信頼関係

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

STEP3-10 施術を左右する信頼関係

 

どんなに優れた施術技術があっても、そこに信頼関係がなければ良い結果を得られることありません。

 

最初から懐疑的な態度でオフイスに来る人や、自分の固定観念にとらわれている人を良くすることは出来ないということです。

 

施術という行為は、術者の手と患者さんの身体とのコミュニケーションですから、どちらか一方が拒絶すれば、ほとんど作用しなくなってしまうでしょう。

 

治癒力は、頭で考えて作用するものではないのです。

 

無意識での信頼関係が構築された時にこそ、最大限に発動しやすくなるだと認識しています。

 

私のオフィスにはじめて来られる人や、他人に触れられることに慣れていない人は大抵緊張しています。

 

緊張状態では、施術になりませんのでファーストタッチには細心の注意を払います。

 

もし、乱雑なコンタクをトしたならばその瞬間で施術は失敗に終わってしまうからです。

 

そのくらい、身体のまわりのフィールドは繊細に反応します。

 

この動画の最初と最後でどちらが良くなりそうですか?

 

 

もちろん、後者ですよね。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ONE DROP整骨院 , 2017 All Rights Reserved.