オステオパシーとは?

 

日本では、まだマイナーな施術法で「初めて聞いた」「何をするの?」という方も多いと思います。

 

実際、当院のクライアントさんもオステオパシーを知らずに来院される方がほとんどです。

 

オステオパシーとは、アメリカやヨーロッパなど世界各国の医療現場で使用されている手技療法のひとつで、人間の本来の自然治癒力を発揮させ健康を取り戻す医療体系です。

 

オステオパシーは、1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって発表された自然医学です。「骨」を意味するオステオと「病気、施術」を意味するパソスを合わせた造語で「オステオパシー」と名付けられました。

 

 

オステオパシーのはじまり

 

 

医師であったA.T.スティルは妻と3人の子供を髄膜炎で亡くし、医師として家族を救えなかったことから彼は当時の医療に疑問を持ち、解剖学を学び直して観察を続ける中で筋骨格系と病気との関係に気付きはじめます。

 

筋骨格系の異常を調整し血流を改善することで病気を施術していく中で、「人間は部分的に病気になったりはしない。全身の調和が乱されたときに病気になる」ことに気付きます。

 

当時、異端であった彼は周りからの非難にあいますが、結果を出し続けることで徐々に受けいれられ今日世界中で普及しています。

 

米国医師会の圧力に屈せず今日までオステオパシーが生き残っているのは、第一次世界大戦中にスペイン風邪が大流行した際にオステオパス達が活躍したからと言われています。

 

これはオステオパシーが民衆から支持され続けた何よりの証であると言えます。

 

このように一人のアメリカ人医師から始まった民間療法が今では世界中で広まりを見せています。

 

オステオパシーってどんなことをするのですか?

 

 

背骨や骨盤などの歪みや、動きの悪くなった関節、筋肉の緊張、血液、リンパ、神経の流れを手技により回復させ自然治癒力が働きやすい環境を取り戻します。

 

オステオパシーの特徴は、痛みや不快な症状がなぜ起こっているのか原因を探し、その原因に対してアプローチしていくことで症状を緩和していくことです。

 

西洋医学(アロパシー)では、症状のあるところを詳しく検査し治療します。

 

これに対して

 

オステオパシーでは、身体は全体(ユニット)として機能していると考え、症状のある部位以外も含め全身を検査、施術します。

 

なぜなら

 

頭から足先に至るまで、内臓を含む全ての組織は筋膜によって繋がっていているからです。

 

足首の捻挫が足全体に波及し、内臓や血管にまで悪影響を及ぼすようなことがあるのはこの為です。

 

この様に怪我をした箇所と離れた部位、痛みのある箇所と離れた部位に起きた問題も含めることがオステオパシーの特徴です。

 

オステオパシーの施術は、詳細な解剖学と生理学を必要とします。これら知識と触診により原因を探し出し、施術していきます。

 

身体組織の緊張や歪みを取り除く事によって循環、代謝が改善し症状が和らいできます。

 

当院のオステオパシーの施術法

 

当院では、オステオパシーの本場であるアメリカ、カナダのインストラクターから直接指導を受けています。伝統的な施術法から哲学を含めなるべく源流に近い形で提供しております。

 

オステオパシーは日本では法制化が進んでおらず、そのクオリティーを保証するような資格がありません。裏を返せばだれでもオステオパシーと名乗ることが出来てしまうのです。

 

ですから当院では、国家資格(柔道整復師)を持ち医療類似行為として国に認められた状態でオステオパシーを提供し、皆様に安心して施術を受けて頂けるよう配慮しております。

 

頭蓋オステオパシー

繊細なタッチで頭蓋骨の縫合、硬膜を介して脳の動き改善していきます。頭の骨はたくさんの骨が合わさって出来ています。個々の骨には特有の動きかあり、膨らんだり縮んだりを繰り返しながら呼吸しています。

スムーズな頭蓋骨の動きが出来るようになることで、脳や脳神経の機能が改善し全身に良い影響を与えます。

 

内臓マニピュレーション

胸腔臓器(肺、気管支、心臓)腹腔臓器(胃、肝臓、胆嚢、十二指腸、膵臓、脾臓、小腸、大腸、腎臓。膀胱、生殖器系)を自由に動けるように調整していきます。血流や緊張が改善されることで臓器だけでなく、他の部位まで動きが改善します。

 

筋、筋膜リリース

全身を繋ぎ合わせる筋膜、筋肉の緊張、アンバランス矯正し身体のバランスをとることで神経を介して循環、代謝を改善していきます。

 

エナジェティック・オステオパシー

全身の関節、筋、筋膜を組織だけでなく、目には見えないエネルギー的な要素を含め調整するテクニックです。

ストレイン・カウンター・ストレイン

緊張した組織を最も弛むポジションに持っていき、リリースさせるテクニックです。

急性期や炎症のある場合でもつかえる安全な方法になります。

アンワインディング

身体の動きについて行くことで組織を緩めるテクニックです。

長い梃子を使う事が出来るため、強力なリリースが可能になります。

 

HVLA

組織を特定の角度にもっていきバリア(組織の緊張が高まる)を瞬間的な力によって解放する手技であり、クラック音(ボキッ)と音が鳴ることがあります。

この手法は好き嫌いが分れますが、正確に施術されたならば短時間で効果的な関節のリリースが行えます。

 

オステオパシーを通して伝えたいこと

 

実際にはテクニックが上手くいき、身体の組織が緩んだからといって症状が無くなる訳ではありません。

 

古いオステオパス達が一葉に口にすることは、コミュニケーションの大切さです。

 

これは上辺だけのモノではなく、無意識の中にある純粋な意識を介したコミュニケーションです。

 

テクニックはコミュニケーションをとるための道具であり、どのような方法でも構わないのです。

 

意識とは目には見えませんが、目に見えるそして触れる事の出来る身体の組織を介して純粋な意識をコミュニケーションをとることが生命力を根源から表出させる方法なのです。

 

そのためには、身体の健康な所を探さなくてはなりません。

 

残念ながらわたし達は、幼少期から悪いところに目が行くように教育されて来ました。粗探しをしたところで何も解決することがないことは明白です。

 

自分や相手の良いとこに目が行くようになることで、ぶつかりのない調和のとれた状態になることをオステオパシーを通して体感して頂きたいのです。

 

言葉では伝えきれない事がたくさんあります。少しでもオステオパシーに興味を持っていただけたらONEDROPの施術を体験してみて下さい。

 

あなたの中で何かが変わるはずです。

 

那覇市首里Onedrop整骨院

ONEDROP

Okinawa Osteopathy

〒903-0825 沖縄県那覇市山川町1-93-1コーポ平良501

☎098-953-6872

受付時間/9:30~19:30

定休日/日曜・木曜

 

 

 

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2016 All Rights Reserved.