2017/10/02

マッサージしないの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

当院では、よくクライアントさんからマッサージはしないの?と聞かれます(^_^;)

この業界に入って最初の頃は朝から晩までよく揉んでましたが、現在は全くやりません。マッサージをやらなくなり5年位になると思います。

なのでお金を頂けるような技術レベルではありません…

自分で言うのもなんですが下手クソです(T_T)

整骨院で何年もマッサージをして来ましたが、クライアントさんが良くならないので自分はマッサージでは食べていけないと判断しやめました!

手技療法家は手が命です。

聡明なオステオパスのW.G.サザーランド先生の言葉に『シンキング フィンガー』考える指があります。

見て、聞いて、感じ、考える手といったところでしょうか?

 

◎頭で解らなくても手は知っている。

◎赤ちゃんのような手を作りなさい。

◎手を透明に。

私自身は上記のように習ってきました。

下積み時代の親指は皮膚が固く変型していて患者さんの身体から情報を拾えるような手ではなかったと思います。

何年もかけて皮膚の薄い感覚タイプの徒手療法家の手を作ってきたので、サーフィンで巻かれサンゴにぶつかりそうな時も顔より手を守ってしまいます(笑)

マッサージをしないのもこのような理由があります。

センサーとしての手と、工具としての手は適応という観点からすれば別のものとなるような気がします。

両立が理想的ですが、片寄ってしまいます。

一長一短あるなかで術者がどっちを取り、お客様が選ぶだけですね。

日頃お世話になっている方からたまにはマッサージ受けたいな!とか言われると申し訳ないなと複雑な思いになります。

大切な商売道具ですのでスイマセン(^_^;)

 

那覇市首里 Onedrop 整骨院

http://www.onedrop-naha.com

Tel 098-953-6872

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2015 All Rights Reserved.