2017/10/02

ミーティングin沖縄

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

連休を利用して東京から二人のオステオパスが私のオフィスに遊びに来てくれました。

一人はOnedrop つくば院の院長、もう一人は不動前駅で開業している玉川整骨院の院長。

二人共同じ先生に師事して切磋琢磨してきた仲なので昔話に花が咲きます。

同門でも少しずつ方向性は異なり、現在探究してる分野も異なるので色々な情報をシェアする事が出来ました。

その中で、神経は刺激が弱いほうが反応するという事があったのですが府に落ちました。

世の中には、つよもみ~触れるだけ、触らないまで様々なアプローチがあり普及しています。

私としては良し悪しではなく全て必要かと考えていて、用は適材適所に必要な情報が入れば脳はポジティブな反応を起こしてくれると思います。

筋骨格のフォースやベクターに対してはそれなりの強い力にが必要になるでしょうし、神経等の繊細な組織に対してはより繊細な刺激て十分反応します。実際、神経は触れてるか触れてないか位でも十分反応します!

身体の反応を見ながら施術していると感覚的に出来ていることでも言語として理解するとより意識してチューニング出来るようになると思います。

相手の反応を引き出し対処するというのは何千年も前から行われて来た治療の原理であり、その精度が結果を左右するのではないでしょうか?

 

今回、ヤンバルの自然に浸り心身共にリラックスして来ました。海、波、風の五感をとおして感じ取れる地球のリズムは人間のリズムによく似ているなと再確認。

楽しい時間をありがとう。

 

那覇市首里 Onedrop 整骨院

Tel http://098-953-6872

http://www.onedrop-naha.com

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2015 All Rights Reserved.