2017/09/29

腰痛肩凝りの原因は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

 

本屋に行くとたまに医療や健康情報の棚をチラ見するのですが、そこには「誰でも10分で肩凝り解消!」とか、「○○を良くすれば腰痛は治る」と言った書籍が並んでいるのを目にします。

 

本当にそうでしょうか?

 

原因は一括りに出来ない

 

腰痛施術の考え方はこちら

 

↑ワンドロップ那覇院の院長も言っている通り、出ている症状や病態というのは、あくまで結果に過ぎません。

 

結果に至る過程に目を向けず、姿勢やら筋肉や関節の硬さなど結果だけに注目してしまうとドツボにハマってしまうのではないかと思います。

 

みんながみんな全く同じ過程でそうなったのだとしたら一つの対処法でいいかも知れませんが、結果へのプロセスは腰痛に悩む方が100人いたら100通りの腰痛に至るプロセスがあります。そして対処法も一人一人違います。

 

年齢や性別、骨格や筋肉のつき方、身体の代謝機能、生活環境やこれまで生きてきた道筋って人それぞれ違いますよね。そういった違いから、病気や腰痛、肩凝りも様々なバックグラウンド、歴史があります。

 

限られた方法論で肩こり腰痛が解決するのなら、世の中に整骨院ってそんなに需要無いだろうし、こんなに肩こり腰痛で悩む人もいないと思います。

 

そんな原因を一括りに出来るほど単純じゃないってことですよね。

 

 

先入観や思い込みがあると施術は上手くいかない

 

これはクライアントさん側と施術者側の両者に言えることですが、ストレートネックだから肩や首が凝るとか、ヘルニアだから腰が痛いとか、特定の部位に注目してしまうと本当に問題を起こしているところが隠れてしまいます。

 

当院のクライアントさんでこんな方がいました。

 

「ヘルニアで足が痛い」という方でしたが、初診時に病名を言ってきたのでいつ病院で診断を受けたのか聞いたところ、「病院で診てもらった事がない」と言うのです。

 

なぜヘルニアだと思うのか聞くと、「テレビでヘルニアの事がやっていて自分の症状が当てはまるから」ということでした。

 

なんと、自己診断してしまっていたのです。

 

そして、検査をしていくとこの方はヘルニアから来る足の痛みではありませんでした。痛みの憎悪する動作があったのでモーションテストで疑わしい箇所を抑制しながら検査すると痛みは憎悪しませんでした。

 

この方の場合、大腸を支える膜組織の問題があり、これに付随した要因がいくつかありました。それらを数回の施術で徐々に解消していくと足の痛みも無くなっていきました。

 

決めつけや思い込みは双方にとって問題の本質を見失う恐れがあるので「もしかしたら?」くらいにしておいた方がいいでしょう。

 

成功体験は視野を狭くする?

 

我々で言うと、あるテクニックを使って施術が上手く行った時や患者さんが良くなった時はとても嬉しく思いますし、今後の自信にも繋がります。こういった成功体験は大事だと思います。

 

ですが、、、

 

その成功体験に囚われてしまうことは視野を狭めてしまうのではないかと思っています。

 

前述したように、クライアントさんの症状は十人十色です。症状が同じでも過程が違ければアプローチも違ってきます。この人にはこのテクニックで良くなったかもしれませんが、別の人にも同じように効くとは限りません。

 

全体論的に身体を診るようになってからは、テクニックに固執する傾向は無くなったと思います。もちろん、ベースとなる施術法はいくつかありますが、その時その時でやることが違います。

 

当院ではクライアントさんの症状の経過や検査結果などをカルテに記入していますが、何をしたかはあまり書かないようにしています。

 

何をして良くなったのかまで書いてしまうと、それが頭をよぎってしまい、先入観や思い込みに繋がる恐れがあります。オステオパシーは繊細で身体の様々な組織を扱います。変な先入観や思考があると、これらの繊細な組織に対して正しい検査が出来ず施術もうまく行きません。

 

なので、患者さんの身体を診させていただく時には、頭はなるべくフレッシュな状態で臨んだ方が良い検査、施術が出来ると考えています。

 

那覇市首里オステオパシー・整骨院『ONE DROP』の施術はいつだってオーダーメイドです。あなたの辛い症状に真摯に向き合います。

 

お身体のお悩み何でもご相談下さいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2017 All Rights Reserved.