2017/09/29

エネルギーワークの落とし穴

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

 

今日、昔のクライアントさんから相談に乗ってほしいと久しぶりに連絡がありました。

 

儲け話しかと思いきや真面目な話でした…

 

この方はパニック障害と鬱病の薬物療法から断薬に成功し、精神疾患を薬に頼ることなく克服した経験から気功を習い始めたそうです。ある程度エネルギーワークの経験を積んでくると誰もが悩むことがあるのですが、この方も随分とジレンマを抱えているようでした。

 

以下相談内容

最近、気を入れてほしいと知人に言われ、知人を施術しました。施術していると脳裏に原因が入ってくるのが分るようになりました。

 

気功は気を感じてくれる人感じない人がハッキリしていて、友達によって入ってるの?と聞かれるとどう対応して良いかに悩んでしまいます。

 

オステオパシーでもやはり人によって違いがあるのでしょうか?

 

自分が今後どうしていかなければわかってても、なかなか抜け出せずです。

 

以上

 

『ただ闇雲に祈っているだけでは治癒は起こらない』とアリスベイリーの著書にもあるようにエネルギーワークにも原理原則があり、身体に触れていなくても身体を変化させることが出来るのですが、受け手にたいするインパクトが弱いんです。

 

例えば、筋骨隆々の患者さんが腰が痛いと来院された時に軽く触れているだけや、離れたところから手をかざしていたらその患者さんはどう思うでしょう?

 

おそらくもう二度と来ないでしょう(笑)

 

誰もが悩む所だと思うんです。

 

特に真面目な人自我の強い人

 

 

何事にも適した選択というのがあると思います。エネルギー的な繊細な刺激が得意な人もいれば、筋骨系のハードな刺激を好む人もいます。ですから、臨機応変に対応できるよう引き出しを持っている事が要求されます。

 

自分の得意だけではなくクライアントさんの得意な入口から施術をはじめていき、徐々に繊細な刺激に切り替えていく方が上手くいくのではないでしょうか?

 

そして、エネルギーワークの本質は奉仕であり見返りなどは考えないのがセオリーなのですが、解脱でもしない限りエゴが邪魔をするのは当たり前のことだと思うんです。私はそれでいいと思っていますし一生かけて探求しても明確な答えが得られない世界でもあります。故に探求し甲斐があるんですよね。

 

『答えや終わりを求めない』と師から教わったことを思い出します。

 

相談に対する答えはあるのですが、自分が出来ているかと問われれば即答です。

 

『出来ません!』

 

出来ない人間が理想の答えを述べるのはおこがましのですが、私のわかる範囲でお答えします。

 

 

①エネルギーワークでは起こる結果には一切の関心を持たない。ただ起こっていることのみを傍観する

 

②施術後の経過に一切の関心を持たない

 

③『治ってほしい』『可哀想』などの個人的な感情はエネルギーワークの妨げになる

 

④脳裏に入ってきた情報が罠である可能性を考慮する

 

⑤自分が施術しているという意識を捨て、相手のシステムに使われるだけになる

 

 

要は何もするなというわけなのですが、それが一番難しいんです。人は感情の生き物ですから分っていても出来ないんです。これが出来たら仙人ですよ!

 

そして、相手が治るか治らないかは相手のシステム次第ですから、どんなに術者が頑張ろうが治らないものは治らないし、治るときはあっさりと治ってしまうのです。

 

コントロール不能なのがエネルギーワークなのでコントロールしようと思うほど上手く行かなくなりツボにはまってしまいます。

 

ですから、肩の力を抜いてゆっくりとした呼吸を意識し、心臓のあたりのハートチャクラに意識をおいて気楽にやっていただけたらと思います。このとき頭で考えようとしない方がよりスムーズになるはずです。

 

完璧である必要なんてないんですよ。

 

私も散々悩みました。そして、現段階ではこのように考えています。

 

クライアントさんは何を求めて来ているのか?

 

結局のところ整骨院に来院されるほとんどの方は、何かしらの身体の痛みを訴えており、その痛みの解消を一番の目的としていらています。疼痛を抑えたりするだけならば身体構造に働きかけるほうが効率的です。

 

それと、膠原繊維に働きかけた方がクライアントさん自身が身体の変化を感じやすい利点から、すべての関節の自由化を最優先に行ない変化を実感してもらうようにしています。

 

エネルギーワークは同時進行で行いますが、肉体レベルを強調しながら行い、徐々に繊細なレベルに移行していきます。相手の理解あっての我々の仕事だと思うんです。

 

自己満足に探求してきた時期もありますが、大切なのは共感なのではないかと考えるようになりました。

 

肉体レベル>エネルギー

 

でもなく

 

肉体レベル<エネルギー

 

でもありません。

 

肉体レベル=エネルギー

 

です。

 

あとは、クライアントさんと術者の特性によって配分が変わるだけだと思います。相手によって繊細なほうが良い結果がえられることも反応が悪いこともありますので。

 

私もプロとして仕事をしている限り、結果が出なければ廃業です。そして、結果とは肉体的変化としてのみ知覚できるものですから、先ずは身体構造をより良く機能できるようにすることと考えます。

 

オステオパシーのテクニックでもバランス配分は様々

 

世界中のオステオパスをみても構造とエネルギーのバランスは様々ですが、しっかりと結果は残しています。

 

この分野に正解はないと思います。その術者が最も良い結果を出せる得意な領域があるのは当たり前ではないでしょうか?

 

なぜなら、皆がそれぞれ異なった現実を知覚している訳ですから同じである方が不自然です。

 

私の解決策は、構造をしっかりと捉えておく事です。分りにくいエネルギーを指標にしなくなり、身体構造を基盤としてエネルギー的なアプローチを行っているためぶれることなく気楽に施術することが出来ます。

 

機能的なエネルギーを探求するためにあえて構造に立ち返ったことで気付く部分も多かったと思います。

 

この分野は明確な答えのない領域ですので、経験するしかないのが現状です。

 

エネルギーワークの問題点

 

『神様のお告げが』

 

とか

 

『守護霊が』

 

とか言ったもん勝ちですよ(笑)

 

見えない。証明できないをいいことに詐欺や宗教に悪用されてきた歴史があります。

 

その昔、霊術家と呼ばれた人達の中にも遠隔治療といってお金だけもらって昼寝してたとか(笑)

 

もちろんすごい人達もいて、その名声を利用した一部の輩ですが。

 

エネルギーや気を扱わないで施術しろと言われても無理ですから、怪しく思われない範囲でうまく結果に落とし込むしかないでしょうね。

 

何事もバランスって大切ですよね。

 

Onedrop整骨院は怪しくないエネルギーワークを目指してるので、興味のある方は体験してみて下さい。

 

 

沖縄県那覇市首里山川町1-93-1コーポ平良501

098-953-6872

Onedrop整骨院 那覇院

 

茨城県つくば市桜1-13-6

029-895-3328

Onedrop整骨院 つくば院

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ONE DROP整骨院 , 2017 All Rights Reserved.