頸椎ヘルニア

那覇市で頸椎ヘルニアでお困りの方はONEDROPにお任せください

 

病院で『頸椎ヘルニア』と診断され痛み止めや湿布を処方されいるが改善が見られず諦めていませんか?

 

そのようなときは当院の施術(オステオパシー)を受けて下さい。

 

当院ではこれまで頸椎ヘルニアのつらい症状を数多く改善してきた実績がありますので安心していらしてください。

 

このような症状でお困りではありませんか?

□腕がしびれて重だるい

□腕の痛みで夜目が覚める

□上を向いたりすると腕に電気が走る

□頸椎症と診断されている

□頸椎ヘルニアと診断されている

□レントゲン上で骨の変形が見られる

□マッサージや整骨院では良くならない

□牽引や電気の効果を感じない

 

頸椎ヘルニアとは

 

首の骨『頸椎』は、7つの椎骨が重なって出来ています。

 

その骨と骨の間にあるクッション(椎間板)が変形、損傷し後ろに飛び出してくることで神経を圧迫し痛みやシビレを起こすことを言います。

 

 

 

後方に飛び出した椎間板が、背骨の中を通る脊髄を圧迫するので

 

◇痛み

◇しびれ

◇知覚低下

◇筋力低下

 

が起こります。

 

頸椎ヘルニアが重篤化すると

 

◇排便、排尿障害が起こる

◇歩行障害

◇物をつかめなくなる

 

などの症状も出てきます。

 

このような重篤化した症状がある場合は速やかに病院を受診して下さい。

 

当院の頸椎ヘルニアに対する考え方

 

当院では、頸椎ヘルニアの症状をあまり重視してはいません。というのもレントゲンやMRIで軟骨の変性や関節の変形が見られる人でも、まったく症状のない人がいるからです。

 

痛みやシビレといった症状は頸椎の問題以外も関わってきますし、

 

『なぜ頸椎が変形してしまったのか?』

 

を考えなければ都合よく症状だけが無くなるとは思えないのです。

 

ですから当院では、頸椎や椎間板が変形するほど負荷をかけさせている部分(頸椎以外の事が多い)に対して施術を行うことで改善を図っていこうと考えます。

 

頸椎ヘルニアの原因と、それに対する施術

 

頸椎や椎間板の変形は老化によって進行します。ですから中年期以降に好発します。

 

または、交通事故やコンタクトスポーツによる外傷によっても起こる事があります。

 

老化といっても頸椎に外傷も、循環障害もない人に変形は起こらないのです。老化だからと諦めてしまうのは実に勿体ないことだと思います。

 

なぜなら、頸椎を支えている筋肉、靭帯のバランスと、頸の栄養血管の機能、首の神経が正常に働ける環境を再構築すれば頸椎ヘルニアの症状は軽減していくからです。

 

頸椎ヘルニアの施術ポイント

 

◇首から腕にかけて神経の圧迫されやすい部位を調整

頸椎から末梢神経が出てくるトンネル(椎間孔)、頸椎と肋骨とをつなぐ筋肉の隙間(斜角筋隙)、胸の筋肉(小胸筋)、脇の下、上腕の筋肉の隙間(筋間中隔)、肘部管、手根管に至るまで神経の圧迫を探し調整します。

 

◇全身の骨格のバランスを取り、頸椎にかかるストレスを分散

全身の骨格のアンバランスが頸椎まで影響していることは多々あります。これが頚椎は被害者と言われる所以です。

根本的に土台から整えることで頸椎が緊張しなくていいように調整します。

 

◇肋骨や胸骨の可動制限を取り除き胸郭を動きやすい状態に調整

実際の首の動きは頸椎のみで起こっている訳ではなく、胸郭(胸椎、肋骨、胸骨)と連動して起こります。

もし胸郭に動きがなければ頸椎にはかなりのストレスがかかてしまいます。胸郭が動きが改善することで頸椎にかかる負担はかなり軽減します。

 

◇交換神経節の緊張を和らげる

背骨に沿って左右に位置する交感神経節は血管のコントロールを行っています。

肋骨と背骨の関節の裏にある神経節と頸部交換神経節が緊張してしまうと血流循環が悪くなり、痛みのサイクルと関係しますので神経の緊張を抑えるよう施術します。

 

◇頸部全面の筋膜の緊張を緩める

広頚筋、中頚筋膜という顎から始まり心臓までつながる筋肉、筋膜の緊張があると頸椎に負担がかかります。

こられの筋膜を解放することで首の可動性を改善し頸椎にかかる圧力を分散します。

 

頸椎ヘルニアのつらい症状を克服するために大切なこととは?

 

椎間板の脱出と、頸椎ヘルニアの症状が一致しないことはもはや常識となりつつあります。

 

そして、首の症状と首の関節制限が一致しないことも代替療法の世界では常識です。

 

これは首に限ったことではなく、ケガ以外すべての慢性痛みに言える事ではないでしょうか。

 

痛みやシビレは身体が異常を知らせるための警報ですから、なぜ警報がなったのかを考えずして症状の軽減はあり得ません。

 

わたしが強調したいことは

 

『○○をすればヘルニアが良くなるなんてことはあり得ない』

 

『頸椎ヘルニアの原因を知るのは、自分の身体だけ』

 

という事です。

 

名医であっても、ゴットハンドと呼ばれる整体師であってもこれは変わりません。

 

だから痛くなった本人の身体に聞くしかないんです。

 

もちろん身体に直接問いかけても無言のままですけど(笑)

 

オステオパシーとは、そんな無言の身体とコミュニケーションをとるツールと思って下さい。

 

だから私はいつもクライアントさんに教えて貰うだけです。

 

身体と対話することで痛みやシビレの原因を見つけることが最も有効な方法なのです。

 

当院で頸椎ヘルニアを克服しましょう

 

思えば整骨院での下済み時代には頸椎ヘルニアの人だろうが、腰痛の人だろうが朝から晩までマッサージの日々でした。

 

実際の改善例は0人です…

 

良くならないことはわかっていてマッサージをし続ける事ほど虚しいものはありませんでした。

 

その虚しさが肥やしとなって死ぬほど勉強し辿り着いたのがオステオパシーです。

 

今では頸椎ヘルニアの症例で困ることはなくなりました。

 

きっと良くなって人生を前向きに過ごせるようになります。

 

既存の方法で良くならずにお悩みのかたは私にお任せください。

 

那覇市首里Onedrop整骨院

ONEDROP

Okinawa Osteopathy

〒903-0825 沖縄県那覇市山川町1-93-1コーポ平良501

☎098-953-6872

受付時間/9:30~19:30

定休日/日曜・木曜

 

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2017 All Rights Reserved.