2017/10/02

脳梗塞後のリハビリ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

脳梗塞後のリハビリで通院されいるクライアントさんの経過。

一週間に一回のペースで施術させてだいています。

最近の変化としては、麻痺側の下肢の筋力、協調運動共に改善が見られ歩行が安定してきました。

第2、3指の硬縮にも少しずつですが改善してきました。

上肢の運動マヒが最も顕著に残っているので、こちらは今後の課題です。

病院での言語聴覚訓練も成績は良好とうかがっています。当院でも、言語でのコミュニケーションが増えてきているので何よりです。

私自身継続的に脳梗塞後のオステオパシー的な施術は経験が乏しいので、色々と勉強する機会が増えて大変な部分もありますが、とても素敵な経験をつませてもらっています。

目標として正常な機能、私は動きとしてとらえていますが脳脊髄の動き、脳幹部の広がり等が正常に機能していれば私達に備わったダイナミックな免疫機能が最大限に発揮されます。

この動きの妨げになっている部分が施術箇所になる訳ですが、毎回異なるプロセスから術者側が経験させてもらい何かしら気づきをもらいます。

クライアントさんが先生ですね。

最近のプロセスは損傷側ではなく健側である右脳のがメインで起こります。代償の神経ネットワークを構築しているのかと考えていますが、何故かはわかりません。

結果的にこうだったのかと気づける日が来るように経験するのみです!

 

那覇市首里 Onedrop 整骨院

Tel  098-953-6872

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2015 All Rights Reserved.