2017/09/30

消化管の機能障害と腰痛

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

こんにちはOnedrop整骨院の田神です。

 

今年の沖縄は台風の直撃が一度もなかったのですが、とうとう来ます!大きな被害が出ないことを願うばかりです

日本でも1000万人近くが悩まされている腰痛ですが、腰に問題がない場合が殆どです。今日は、臨床でもよくみられる消化管から来る腰痛についてシェアしていきたいと思います。

 

腰の関節や筋肉に問題がなくても腰痛は起こる

 

腰痛で当院にいらっしゃる方を大まかに分類すると

 

1、運動や肉体労働でカラダを酷使して痛めるグループ

2、身体的負荷がないにも関わらず痛みがあるグループ

 

になりますが、改善しにくいのは後者『2、身体的負荷のないにも関わらず痛みがあるグループ』です。

 

何故かというと、物理的な負荷で腰痛になっているなら物理的刺激の施術で改善しますが、腰痛の原因が筋肉や関節にない場合は手技療法で改善させるのが難しくなるからです。

 

もし、心理的な問題や栄養素欠乏によって腰痛が発症していたとして関節を緩めることで腰痛が緩和するでしょうか?必須ミネラルの欠乏で硬くなている関節を手技によって緩めたとしてもすぐに硬くなります。この場合はミネラルを補給すれば関節を緩めることができ、戻りもなくなります。

 

最近の傾向としては、単純に身体組織を緩めるだけで改善する腰痛は珍しくなりました。環境悪化が著しい現代において骨盤矯正で腰痛が治る時代は過去のモノとなってしまいました…

 

即ち、現代人の身体はより多方面からのアプローチを必要とし、自己修復を妨げている様々の要因を解消する必要があるわけです。

 

まずは、自分の腰痛の原因が何なのかを知ること、その原因に対して適切な処置をすることが腰痛改善のカギとなってきます。

 

慢性腰痛を抱える人は、消化管に問題を抱える人が多い

 

 

臨床で腰痛のクライアントさんを検査していくと、小腸や大腸自体の動きの悪い人や小腸や大腸を包んでいる腹膜が緊張しているケースを良く見かけます。腹痛や便秘、下痢といった消化器症状を抱えている場合もあれば、まったく無症状のこともありますが多くは何かしらの不調を抱えているようです。

 

特に、消化管を包んでいる腹膜が緊張すると中を通っている神経、動静脈、リンパが圧迫され末端組織の代謝を妨げるので問題となります。

 

小腸全体を包む腹膜を腸間膜といいますが、ここが緩むと腰部の可動域は大きく改善されます。これらは、腰骨の前に斜めに付着し腰部前面の組織に影響し、小腸を栄養する動静脈、迷走神経が通過しているため要点となります。

 

腸間膜の機能障害を起こすもの

 

◇心理ストレス

 

◇脂溶性毒素の蓄積

 

◇有害重金属の蓄積

 

◇腸内細菌叢のバランス欠如

 

◇リーキガット症候群

 

◇アレルギー

 

◇栄養素欠乏

 

オステオパシーの内臓マニピュレーションをもちいて緩めることも出来ますが、個々の原因を解消しなければその場限りの対処療法になってしまいます。

 

消化管を整えて腰痛解消を目指しませんか?

 

脳機能や免疫と密接にかかわる消化管が健康になることは、腰痛が良くなるだけでなくうつ病、不眠、自閉症、ADHD等の精神疾患や免疫系疾患の改善なるというデータも多数あります。

 

最も大切なことは、自分の不調の原因を知り対処する事かと思います。

 

現代人はデトックスなしには治りずらくなています。過剰なものは排泄し、足りないものは補い機能を高めていく事で治れる身体を取り戻しましょう。

最後に

image

腰痛の原因といっても様々ですが、今回は消化管について書いてみました。

 

近年、脳と消化管の関係性が話題になっています。原始的な生物は脳を持っていません。脳がないにもかかわらず、消化管の神経細胞が必要な食べ物や毒素を見分ける事が出来ます。このように良い悪いの判断から、高等動物では感情まで発展して反応するように進化しています。

 

消化管は昔から感情を表現する際に使われていて、昔の人は感覚的にわかっていたのかもしれません。

 

『頭にきた』よりも『腸が煮えくり返る』の方がより感情的ですね!

 

現代のようにストレスの多い環境で生活を強いられていると、普通に生活してるだけで消化管は疲労してしまいます。ですから、積極的に消化管を労わる必要があると思います。

 

心理的ストレス、栄養、ケミカル、毒素をため込まないようにし健康的な消化管を維持することで、腰痛を含めた多くの慢性病を予防しましょう。

 

慢性腰痛でお困りならOnedrop整骨院にご相談下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 那覇市首里オステオパシー・整骨院ONEDROP , 2016 All Rights Reserved.